This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

牡蠣とカブのみぞれレモン鍋

今回は野菜ソムリエ協会作成レシピシリーズで小島香住さんのレシピを紹介します。

カブには、抗酸化ビタミンと言われるビタミンA・C・Eが含まれ、寒さで免疫力が下がりがちな時期におすすめの野菜。

大根よりも甘味があり口当たりのやわらかいカブで作るみぞれ鍋は、繊細な牡蠣の旨味を引き立ててくれます。

葉には実の4倍ものビタミンCが含まれ、刻んで具材として加えます。

ビタミンCは水に溶けやすいため、スープも一緒にいただくのがおすすめ。

ふんわり食感のみぞれスープでには、レモンの酸味をプラスして飲み干せる仕立てです。

 

レシピ(二人分)

カブ 2個
ショウガ 1かけ
だし汁 2カップ
牡蠣 160g
片栗粉(洗い用) 大さじ2
片栗粉(まぶす用) 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
レモン 1個

 

 

作り方

① カブは葉と実にわけ、それぞれざく切りにして、実はショウガとだし汁1/4カップと一緒にトールカップに入れ30秒程攪拌する。


② 牡蠣は片栗粉をまぶして汚れを落とし、流水でよく流したら水分を拭き取り、片栗粉をまぶす。レモンはスライスを6枚作り、残りは果汁を絞っておく。


③ 鍋にだし汁・しょうゆ・みりん・レモン果汁・カブの葉を入れひと煮立ちさせたら、②→①の順に入れさらにひと煮立ちさせる、火を止めてレモンスライスをのせる。

 

♪旬の野菜情報&プラスワン情報♪

スープも飲み干せるよう薄味の仕上がりです。物足りなさを感じる場合には、しょうゆや塩を加えて調整してください。

 Instagramで他のレシピもチェック!

Use coupon code WELCOME10 for 10% off your first order.

Cart

No more products available for purchase

Your cart is currently empty.