This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

カブの雪鍋

今回は野菜ソムリエ協会作成レシピシリーズで小熊恵子さんのレシピを紹介します。

カブの白い実の部分はビタミンCやカリウムを含み、消化酵素のジアスターゼが含まれていて、年末年始の疲れた胃腸に優しい野菜です。

酵素の働きは5〜60度で失活してしまうため、加熱せず生に近い状態で食べると良いでしょう。

葉の部分はカロテン、ビタミンB1、B2、C、カルシウムを多く含む緑黄色野菜です。春と秋冬が旬ですが、寒さが増す冬には白い実は甘く柔らかになりお勧めです。

 

 レシピ(二人分)

カブ(葉つき) 2個
塩 ひとつまみ
水 大さじ1
出汁 1000ml
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
白だし(かけつゆ8倍濃縮) 大さじ2
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
豚しゃぶしゃぶ用肉 160g
お好みの具材(白菜、長ネギ、人参、うどん、焼き餅、柚子など) 適量

 

作り方

① カブは葉と実に切り分け、葉は刻んで塩揉み(分量外)、15分したら水洗いして絞る。実は4つ切りにして塩ひとつまみ、水を入れブレンダーにかけ、絞った葉を混ぜる。

② 鍋に出汁、酒、みりん、白だし、めんつゆを煮立て食べやすく切った野菜を煮て、火が通ったら豚肉を煮る。

Point:うどんや焼き餅もお好みで煮る。

③ 器に装い①をかけて出来上がり♪お好みでコクと香りのごま油やピリッと辛い柚子胡椒を加えても美味しいです。(同じ様に赤いカブで作っても綺麗です)

Point:野菜の水分により味が薄くなるので調整する。

♪旬の野菜情報&プラスワン情報♪

冬の鍋は野菜の旨みと栄養がたっぷり、〆もお楽しみですね♪酵素の効果は失活しますが、ブレンダーにかけたカブは始めから入れてトロッと煮ても美味しいです。カブは葉の緑が鮮やかでピンとしている、実はハリ・ツヤがあって傷のないものを選ぶと良いでしょう。

 Instagramで他のレシピもチェック!

Use coupon code WELCOME10 for 10% off your first order.

Cart

No more products available for purchase

Your cart is currently empty.